スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォン対応小型燃料電池(AF-M3000)の使い方 ■【写真】

アクアフェアリー社が今春4月から発売するスマートフォン対応のマルチ電源 AF-M3000の使い方を写真を使って、ご紹介します。(とっても簡単ですよ)

1.AF-M3000を用意します

2

2.燃料カートリッジのパックを用意します(アルミパックに入っています)

3

3.燃料カートリッジをアルミパックを破って取り出します。

4

4.付属の水タンク(じゃばらのスポイド形状になっています)も用意します。(左が取り出した燃料カートリッジです)

1

5.まず、AF-M3000のカートリッジ挿入部の蓋を開いて、燃料カートリッジを入れます。カートリッジには溝があり、一方向にしか入らないようになっています。

5

6.カートリッジを奥まで押し込み、蓋を閉めます。

7

7.次に水タンクの蓋をとり、AF-M3000の底部にある注水部の蓋を開けます。

8

8.水タンクの先端を注水部に差し込みます。
9

9.水タンクのじゃばら部分を押して、中にある水を注ぎ込みます。(水は全部入れてくださいね)

10

10.1~2分待つとインジケータが3つ点灯します。するとスマートフォンと接続して、充電開始です。

11

11.iPhoneですと90分程度の充電が行われます。通常の携帯電話では約120分程度充電動作が続きます。
  (充電時間は、機器の種類や充電残容量によって異なります)

【特長】

 水と燃料を分離して保管することで、燃料カートリッジの保管期間を飛躍的に延ばすことができました。
燃料カートリッジの挿入と水の注入の2アクション必要ですが、他の電源では実現できない「長期保存」により
災害時の緊急電源として信頼できるエネルギーとなりました。 (目標:20年以上保管の実現)

 
※この製品は、3月2日~3月4日に東京ビッグサイトで開催される「FC-EXPO 2011」で展示を行います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

去年(2010年)、テレビにてFC-STICKの存在を知り、春ごろには発売されるであろう情報があったので
今か今かと楽しみにしていたのですが、音沙汰なしの状態が続いて少し残念でした。

今回、追加情報がないかと思いホームページを拝見したところ、スマートフォン向けに燃料電池が
新開発されたようで発売が早くも楽しみです。

これからも応援しているので頑張ってください。

コメントありがとうございました

応援ありがとうございます!

ずっと待って頂いてありがとうございました。
おかげ様で、この春にやっとAF-M3000を発売する運びとなりました。
遅くなりまして大変申し訳ござませんでした・・・。

HPも近々さらに更新する予定です。

今後ともよろしくお願い致します。


> 去年(2010年)、テレビにてFC-STICKの存在を知り、春ごろには発売されるであろう情報があったので
> 今か今かと楽しみにしていたのですが、音沙汰なしの状態が続いて少し残念でした。
>
> 今回、追加情報がないかと思いホームページを拝見したところ、スマートフォン向けに燃料電池が
> 新開発されたようで発売が早くも楽しみです。
>
> これからも応援しているので頑張ってください。
プロフィール

アクアフェアリー株式会社

Author:アクアフェアリー株式会社
2006年創業の小型燃料電池を開発しているベンチャー企業です。

「水素をその場で作って電気に換える」というコロンブスの卵的な発想で燃料電池システム全体を小型軽量化することに成功しました。


ポータブル燃料電池 AF-EFE30Hを完成させ、プロモーションを開始しました。さまざまな展示会や報道発表なども行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数:
リンク
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。